HOME  > 用語集  > 5.相続・贈与税
  

相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の取得の時における時価によるとされており、財産評価基本通達において、「時価とは、課税時期において、それぞれの財産の現況に応じ、不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合に通常成立すると認められる価額をいい、その価額は、この通達の定めによって評価した価額による。」と規定されている。


65歳以上の親から推定相続人である20歳以上の子に対して行った贈与に対して、贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり特別控除額(限度額:2,500万円。ただし、前年以前において、既にこの特別控除額を控除している場合は、残額が限度額。)を控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出する。

「相続時精算課税」を選択した場合には、後からの変更はできない。


個人が1暦年に贈与により取得した財産ついて課される税で、 相続税の補完的な性格をもつ。そのため相続税法で規定されている。

著しく低い価格で財産を譲り受けた場合、債務免除を受けた場合にも課税される。

贈与税の課税制度には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができる。

相続時精算課税の項参照

暦年課税の場合には年間、110万円(基礎控除額)までの贈与については、課税されない。

申告期間は2月1日から3月15日となっている。


千代田区神田の税理士事務所(会計事務所) 千代田区 中央区 文京区 エリア 顧問税理士 の(費用 報酬 料金 顧問料) 公益法人会計 企業再編 組織再編 事業承継

相続税・相続対策 土地有効活用 法人設立 税務申告 法人税 税務相談 その他 申告相談

Copyright © 2010-2017 税理士法人 睫総合会計事務所. All rights reserved.